メインイメージ

メリットのいろいろ

合同会社設立をするメリットのいろいろ

合同会社設立をするメリットの一つが法人として活動できることです。個人で事業を行っていた場合には、何らかの設備を購入する場合にも個人名義となりますし、口座を開設するのにも個人名義となります。

多くの人で利用する場合に個人名義ではマズい場合もありますし、それを誰かに引き継ぎたい場合にも個人名義では良くないこともあります。

そのために法人格を取得したいと考えることは多いのですが、合同会社設立をすれば法人格を取得でき、法人として活動したり、あるいは資産を所有したりすることができます。

合同会社設立をするメリットの中で多くの人が重要視するものが節税効果です。節税ができるという理由だけで合同会社設立をしたいと考える人もいるくらいです。

日本の税制では個人に対して累進課税が適用されますから、所得が大きくなれば税率も高くなります。これが税制面で不利な状況を招くことになります。

法人であれば一律の税率が適用されますから、ある程度の利益を得られた時点で合同会社設立をした方が税制面で有利になるのです。

個人で営業をしているよりも、法人で営業をした方が信用力が高くなるというメリットもあります。個人では限界があるというのは多くの人が知っていることでしょう。

例えば、法人でないと取引を行ってくれない会社もあります。大企業になればその傾向は大きくなります。ですから、取引先を増やすという意味でも法人格を取得したほうが良いのです。

公共事業に入札するときでも法人格は必要となりますから、この場合にも取得しておいたほうが良いのです。

法人として活動をするためには、何も合同会社にこだわる必要はありません。例えば株式会社を設立するのも良い方法です。

しかし、株式会社設立をするためには多くの資金が必要となりますし、設立後にもいろいろな資金が必要となります。費用面で考えれば、合同会社設立のほうが勝っているのです。

とりあえず節税やその他の目的で法人格を取得しなければならないと言ったときには、無駄に費用を支払う必要はないでしょうから、合同会社が適しています。

また、株式会社であれば決算公告を行ったり、あるいは株主総会を開催したりしなければなりませんから、時間も費用もかかります。合同会社の場合には、このどちらも必要ありませんから、時間や費用を抑えることができます。この点でも株式会社設立よりも合同会社設立のほうがメリットは大きいと言えるでしょう。