メインイメージ

現物出資で合同会社設立

現物出資で合同会社設立をするメリット

合同会社設立をするときには社員となる予定の人が出資を行います。そして、出資した資金が資本金となります。そもそも資本金とは何かと言いますと、会社にとっては最初に集める事のできた資金という意味しかありません。
もちろんですが、それが大きければ信用されていると考える事ができますから、信用力は高くなると考えられます。しかし、それだけしか意味のないもので、例えばそれが経営力に影響するわけでもありませんし、他に何かにつながるわけではありません。

 

本来は、資本金を元にして経営を行っていくことになりますから、会社が最初に与えられた資金と考える事もできます。最初の運転資金だと考えれば良いのですが、それよりもやはり信用力という面で非常に重要なものなのです。

 

例えば、借り入れをするときには信用力が必要となりますから、合同会社設立をするときには資本金を大きくしておいたほうが良いです。
また、許認可の必要な業務を行うときにも資本金の制限がありますから、やはり金額を上げておくメリットはあります。

 

例えば、やはり1,000万円くらいは必要だと思った場合に、1,000万円を集める事ができればよいのですが、それができない場合もあります。
この時には、現物出資という方法をとることができます。現物出資とは、金銭ではなくて他の資産で出資することを指します。例えば自動車や不動産などで出資することができるのです。
保有している不動産を出資すれば、その評価額が資本金として加えられますから、資本金をかなり大きくすることができます。そのために、合同会社設立をするときには現物出資をする人は多くいるのです。
ただし、合同会社設立で現物出資をするときにはいくつか気をつけておかなければならないことがあります。合同会社設立で車や不動産を出資するときには、個人名義から会社名義へと名義が変更されます。
不動産の場合には、名義を書き換えることによって、会社側は新たに不動産を取得したことになり、不動産取得税を支払わなければならなくなります。
また、個人としては不動産を手放すわけですから、もしも評価額が高すぎれば売買差益が発生することもあります。売買差益が発生すれば、それによって譲渡税が発生する事もあります。
つまり、買った価格よりも高く売れば利益が発生し、それに課税されるのです。車の場合にも取得税や譲渡税が発生する事がありますから、この点も踏まえて現物出資をするべきかどうかを検討しなければならないのです。