メインイメージ

資本金の決め方

資本金の決め方額が1,000万円以上になると消費税を納めなければなりません。もちろんですが、お客さんから受け取った消費税を納めるだけですから、最終的には消費者が負担するものだと考えれば良いのです。

それでも事務的な手間も増えますし、税込み価格が大きくなりますから、できれば免税業者になったほうが良いのです。

合同会社設立をしたときの資本金が1,000万円未満であれば、とりあえず1年間は免税業者となることができ、状況によってはさらに1年間免税業者となることができることも多いです。いろいろな会社の情報を見てみると、「資本金999万円」というのを目にすることがありますが、これは消費税の免税業者になるためのものなのです。